moscow-ramenのブログ

モスクワに小さなラーメン屋をオープンしようと立ち上がった 一人の日本人と二人のロシア人。果たしてラーメン店はオープンするのか。ハプニング続きであろう毎日を綴ってゆきます。

ラーメン屋

最近 ラーメン屋を一緒にやろう、とよく持ちかけられます。
もちろんロシア人に。


モスクワではラーメンの知名度が少しずつアップしている証拠だと思います。


日本へ旅行に行ったときに食べたラーメンがとても美味しかったから、とか。
理由はいろいろ。


ただ、まったくの素人がお金は出すから、と言われても とまどってしまう。
大体そういう人は、大手企業でよいお給料をもらっている人がサイドビジネスでやろうと
している人たちで、支配人雇って、シェフ雇って、それでがっぽりと儲かると思っているい輩です。


こっちの条件を提示すると 高すぎるとか、すべての工程を説明すると 人件費がかかりすぎるとか まるでインスタントラーメンでも作るかのように簡単に考えているようです。


いずれにせよ、これから1年ほどでかなりのラーメン屋がモスクワにオープンするのは間違いないと思います。


モスクワでも美味しいラーメンが食べられる日が来て欲しいです。




すしを握ってみた。))

人生で始めてすしを握ってみた。
けっこう変な感触。


なんちゃってすしならけっこう簡単に出来る。


逆にこんなシンプルなものがあれだけ奥深く追求できると言うのもすごい料理だと思う。


ただ、間違えなくいえるのはこのなんちゃってすしは、間違ってもコーナーカフェの
メニューには加わりませんので御安心ください))


でも、最近 心の奥底にムラムラとこみ上げてくる感情があります。
それはいずれ寿司バーとかまたは寿司を提供できるお店をオープンしたいと言うことです。
この奥深い日本料理の聖域に踏み込んでみようか。でも 何かバチが当たりそう)

なぜ カキえもんにこだわるのか。


corner cafeでは 北海道産の生牡蠣 ,、"カキえもん "をご提供しています。


では、なぜカキえもんなのか、、、。


現在 モスクワにはいろいろな産地からいろいろ生牡蠣がはいってきています。

黒海 、サハリンなどなど。


そのなかで 日本 生まれ日本育ちの生牡蠣は非常に稀です。


北海道産のカキえもんは味が濃厚で微かな甘みが有り 大変上品なかなか味だと

私は思っています。


しかし、私がこのカキにこだわっている理由は他にあります。

それはこのカキが日本の生食基準をクリアしていると言う事です。


こらからもカキえもんにこだわっていくつもりです。